アルコールは天敵?ダイエット中のアルコール摂取

アルコールの摂取とストレスの関係

アルコールの摂取はダイエットクリニックではあまり推奨されませんが、状況に応じて医師から勧められる場合もないわけではありません。食欲を増やしてしまうことで過食気味になり、ダイエットを妨げる原因になり得るのは確かです。しかし、アルコールにはストレスを軽減する効果が認められている点はメリットになります。ストレスが原因で食べ物によるストレス発散を考えるようになってしまうとダイエットは難しくなってしまうでしょう。その観点からアルコールを良しとする考え方もあるのです。

抗酸化作用のあるワインの効用

アルコールを摂取する方法にはビールや日本酒、ワインなど様々なものがあります。その中でも健康効果の高さとダイエットに支障を与えるリスクの低さから推奨されるのがワインです。ワインにはポリフェノールが豊富に含まれていて、非加熱のものであれば酵素も大量に含有しています。ポリフェノールによる抗酸化作用で身体の不調を予防し、酵素によって基礎代謝を向上させられると期待できるのです。アルコール度数が高いことから大量に飲むのは難しいため、カロリーが過剰になるリスクも低いでしょう。

肝臓への負担とダイエットへの影響

アルコールを摂取するのをダイエットに対して肯定的に考えることもできますが、常日頃から摂取してしまうのは問題になります。肝臓への負担がかかるのは事実であり、それがダイエットに影響を及ぼす可能性があるのです。肝臓はエネルギー産生やタンパク質の合成に関わる臓器であり、その機能が低下してしまうことによって肝臓に脂肪が蓄積しやすくなってしまったり、代謝活動に欠かせない酵素が合成されなくなったりしてしまうリスクがあるのです。ダイエットの際に禁酒をすることは必須ではありませんが、過度に飲むことは避けなければなりません。

ダイエットクリニックでは、ただ外見を細く見せるだけではなく、生活習慣も改善しながら、楽しく無理せずにダイエットする事が可能です。