脱毛のイロハ!レーザー脱毛かそれとも光脱毛か!

毛周期に合せて脱毛を繰り返す理由

脱毛の施術を受ける場合には毛周期に合せて繰り返し施術を受ける事が必要と言います。毛周期は毛の生えるサイクルの事で成長期、休止期、退行期と言う3つのサイクルの総称です。ムダ毛と言うのは毛母細胞組織が活性化することで細胞分裂が行われて毛が生えてくることになりますが、最初のサイクルが成長期であり、ムダ毛は成長期を終えると休止期に入り、やがて退行期を迎えて毛が抜け落ちる事になります。脱毛は成長期に入っている毛だけが処理されるため、繰り返し施術を受ける事でムダ毛が無い肌にすることが出来るからなのです。

成長期の毛に強く反応する理由とは

脱毛は成長期に入っている毛のみが処理されるといいます。また、成長期の毛に強く反応を示すとも言われているのですが、レーザーの光や光脱毛の光は黒いメラニン色素に反応する性質があるのが特徴です。メラニン色素は成長期の毛に多く在る成分でもあり、成長期の毛に強く反応を示す理由と言うのは光が吸収されやすくなるからなのです。逆に休止期や退行期に入っている毛と言うのはメラニン色素が薄いため毛に光が吸収され難くなります。

レーザー脱毛と光脱毛の効果の違いとは

レーザー脱毛は脱毛クリニックなどの病院施設で行われている脱毛で、光脱毛はエステや脱毛サロンと言ったお店で行われている脱毛の手法です。レーザー脱毛と光脱毛の大きな違いと言うのはムダ毛が生える時の細胞組織でもある毛防細胞の機能を停止させることが出来るのがレーザー脱毛、機能を一時的に停止させる、ムダ毛が生える機能を弱らせる効果を持つのが光脱毛であり、レーザー脱毛は組織を破壊することになるため永久脱毛が可能になると言った特徴があります。

永久脱毛を東京で任せるには、経験豊富な美容外科の医師のカウンセリングを受けることで、集中的に施術を受けることが可能です。